陶芸、料理、お酒、ペット(Mダックス2匹)との生活をだらだらとつづります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


吹きガラス
2007年02月21日 (水) | 編集 |
20070220193211.jpg

先日の旅行で吹きガラス体験なるものをやってきたのですが、昨日完成品が届きました。

ちなみにピンクのが相棒作で
青と白の模様が入ったのが私の作品です。

なんとなくわたしの方が男っぽい作品に仕上がっているのは気のせいか・・・

初めに色のついたガラスの粒をまぶした(?)ので
このような色になりました。

夕べはこのグラスにやら焼酎やらを注ぎ
ひと時酔いしれたのでした・・・・

陶芸と違い縮んだり色が変化しないのでほぼイメージとおりに出来上がります。
20070220193540.jpg

柔らかいうちに~こて~のようなもので押すと凹みができて
ハンドメイドチックになります


20070220193627.jpg


近所にあったら通うな、絶対。

スポンサーサイト

勝沼へ
2007年02月20日 (火) | 編集 |
20070215152403.jpg


木曜~土曜に山梨県勝沼市に行ってきた。
久々の温泉に身も心もリフレッシュ!

勝沼は甲州というブドウを使ったワイン作りで有名な所ですが、最近では甲州のほかにもカベルネやメルローを使っているので赤好きな私達にも充分楽しめた。

写真は勝沼グラス館での一枚・・・相変わらず写真の才能がゼロで
お見苦しくてスミマセン


実際は1900年のドイツ製のワイングラスや細工の細やかなボヘミアングラスが展示してありとても綺麗だった。
リンクはこちら

店の2階奥にはブドウの葉を灰にして作った釉薬を使用して焼いた陶芸作品もあり、久しぶりに創作意欲がわいてきた

(なぜかスケベ栓抜きコレクションも展示してあった)

私はガラスの2口小皿と醤油差し、相棒はワイングラスと灰皿を購入。

そしてガラスの美しさに魅了された私は、ぐずる相棒の手を引きずりながらがらす屋「体験吹きガラス教室」に向かった。

最初は「おれはいいよ、佳園やりな」と父心で消極的だった相棒も
指導してくれるおねいちゃんのカワイさに口元をほころばせ
参加する運びとなった。

作品は徐冷といって何日もかけて冷やすので来週自宅に届く予定。
出来上がりがとても楽しみだ!

到着次第UPする予定





プロ論
2007年02月09日 (金) | 編集 |
20070207122131.jpg

bk1(ネット本屋)で適当論を検索したときに出てきたので、ついでに買ってみました。

各業界の一流人が、仕事に対する向き合い方や今までの経験談を語っている。ソニー取締役から、市川春猿、電撃ネットワークの南部さんまで、いろんな方の「プロ論」を知る事ができとても勉強になった。

南部さんは、ピラニアを生きたまま飲み込み、次の瞬間、腹部に激痛が走り床をのた打ち回った末病院に運ばれた・・・なんていうエピソードも紹介されている。
医師に「胃の内部にかまれた痕がある」と言われたそうだ・・・・

プロ意識は人それぞれいろんな形であらわされるのだな~と感心してしまった。

電撃ネットワークのライブを観に行きたくなった。



本日の一冊
2007年02月06日 (火) | 編集 |
20070201104813.jpg

~興味のない人もせめて5冊は買ってほしい~
の帯に惹かれてついつい購入してしまった。


高田 純次  適当論


かなり薄っぺらい(文庫本としては・・)ので、すぐに読み切れてしまうところも高田チックで◎ 
精神科医の「高田純次分析」では妙にまじめに解説なんて入れちゃって、笑ってしまった。

伝説の番組
~元気が出るテレビ~
に出ていた人で今も一線でハッスルしているのは純様くらいではなかろうか、今でも
迷わず脱ぐし!!

迷わず脱ぐ還暦に万歳!!

最近落ち着いちゃってるビートたけしにもゲンナリしてるので
高田純次様にはヨイヨイになっても裸と下ネタの似合う男でいてほしい

最近ブルーな事が多かったのですが、これちょっと読んだら
気が楽になった・・・

生まれ変わったら、高田純次になりたい・・

豚うまかった!by たかぴょん
2007年02月05日 (月) | 編集 |
金華豚をネットで注文して食べました。 その前に、馬刺しとボローニャソーセージを注文して、なかなかイケたので。
相棒が今日はとんかつにしてくれました。 ヒレとロース両方作ったのですが、ロース最高!
今までに味わった事ない別物でした。 たかぴょん感激!

20070205190538.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。